スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



若葉・九条の会ニュースレター No.41

ホームページ  http://wakabaarticle9.com/  発行 2011.10.8
若葉・九条の会広報部
代表 木村 忠彦 043-255-3904


heiwa02.jpg

9月19日 東京明治公園・「原発さようなら5万人集会」

鎌田 慧さん
「脱原発を実現し、自然エネルギー中心の社会を求める全国署名は今日で100万人を突破しています。来年3月までに1000万人の声を集めましょう。」

大江健三郎さん
「原発の電気エネルギーなしでは事業は成し遂げられない。生活できないという人々がいますが、それは<うそ>だと思います。原子力によるエネルギーは荒廃と犠牲を伴います。
放射性物質で汚染された広大な面積の土地をどのように剥ぎとるか、どう始末するのか。内部被曝している大きい数の子どもたちの健康をどう管理するのか。イタリアではもう原発によって人の命が奪われることはない。私たち日本人はこれからもさらに原発事故を恐れなければならないということです。私たちはこの事態に抵抗する意志を持っています。政治家、経団連の実力者に思い知らせる必要があります。どのようにして?私たちには民主主義のこのような集会、市民のデモしかないのです。しっかりやりましょう。」

内橋 克人さん
「原発安全神話の新版、改訂版に注意しなければならない。つまり技術が進歩すれば安全な原発は可能であるという。さようなら原発で世界は変わるでしょう。皆さんありがとう。」

フーベルトさん
「何百万ものドイツの市民から皆さんへ連帯の挨拶をお伝えします。脱原発はもはや出来るか、出来ないかの話ではなく、政治的にやるか、やらないかの話なのです。」

福島から来られた武藤類子さん
「3・11が美しい福島を奪いました。福島の人々は避難すべきか、残るのか。食べるのか食べないのか。日々苦渋の選択を迫られています。国、東電は事実を隠す。国は私たちを守ってくれないこともわかりました。私たちとつながって下さい。フクシマを忘れないで下さい。助けて下さい。」

落合恵子さん、澤地久枝さん、山本太郎さんもスピーチ。 
(報告:都賀の台・鎌倉)    

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://heiwaonegau.blog.fc2.com/tb.php/9-aaf592f0

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。