スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







「平和を願う市民の集い2011」開催趣旨と
賛同・参加のお願い


「平和を願う市民の集い2011」実行委員会
共同代表 : 市川まり子・鎌倉淑子・舘正彦


 2009年は千葉市が平和都市宣言をしてから20年でした。戦争と千葉市空襲を風化させてはならないと、市民と自治体協働での平和施策の推進を目指し、「平和を願う市民の集い」を開催しました。(2009/8/9)
 2010年は、国際的に、また国内でも核兵器廃絶を求める市民の声が高まりました。ヒロシマ・ナガサキの被爆者が高齢化しており「核の犠牲者は私たちを最後に」という思いを世界中が共有した年でした。平和市長会議会長の秋葉忠利広島市長(当時)熊谷千葉市長を始めとした県内4自治体の平和市長会議加盟市長・村長にもご参加いただき、「地域から平和を創る」をテーマに「平和を願う市民の集い2010」を開催しました。

 今年3月11日、東日本大震災が起こり、津波と原発事故に私たちは打ちのめされています。「平和」とは、単に戦争が無い状態ではなく、安心して子どもを生み育て、人としての当たり前の日々の暮らしができることではないでしょうか。
 今、真の「平和」を実現するために、私たち自身が必要な情報を獲得し、検証し、過去の記憶を忘れずに、一市民として出来ることに自らの力を注ぎ、考えつつ取り組んでいく時だと思います。
 「原発がなければ、今の生活や産業の維持はできない」という声があります。今年の「平和を願う市民の集い2011」は、正面から「原発問題」を取り上げ、「原発」をめぐって議論し、共に考える集いにいたします。場所は多くの若者の参加を願って千葉大学を選びました。できるだけ多くの方々の多様な考えを聞き、耳を傾け、考える時間となればと願い、皆様に呼びかけます。どうぞ、この集いにご賛同と参加、発言をお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  
* 参加費  資料代 300円
* 賛同金  団体 2000円・個人 1000円(参加費含む)
* 保 育  無料

★ ご賛同・参加・保育の申し込みは直接実行委員へ、または下記の部分をコピーしてご記入の上、FAX・メールでお送りください。(賛同金・チケット・代金の受け渡しは直接か当日清算)

○をつけてください。
・ 賛同します  公表(諾・否)
・ 参加します   
・ 保育を申し込みます
   子どもさんのお名前       (  歳)        (  歳)
 お名前 
 連絡先 


FAX  043-252-2036 (鎌倉) 043-262-9534(市川)
メール heiwa20111015@yahoo.co.jp

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://heiwaonegau.blog.fc2.com/tb.php/1-923b2816

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。